登録販売者試験対策|「第2章 人体の構造と働き(泌尿器系)」

厚生労働省の試験問題作成の手引きを元に作成しています。

泌尿器系

泌尿器系

血液中の老廃物を、尿として体外へ排泄するための器官系である。

腎臓

泌尿器系

横隔膜の下、背骨の左右両側に位置する一対の空豆状の臓器で、内側中央部のくびれた部分に尿管、動脈、静脈、リンパ管等がつながっている。

腎臓に入る動脈は細かく枝分かれして、毛細血管が小さな球状になった糸球体を形成する。
糸球体の外側を袋状のボウマン嚢が包み込んでおり、これを腎小体という。
1本の尿細管が伸びて、腎小体と尿細管とで腎臓の基本的な機能単位(ネフロン)を構成している。
腎小体では、肝臓でアミノ酸が分解されて生成する尿素など、血液中の老廃物が濾過される。

腎臓には、心臓から拍出される血液の1/5~1/4が流れている。
血液中の老廃物の除去のほか、水分及び電解質(特にナトリウム)の排出調節が行われており、血液の量と組成を維持して、血圧を一定範囲内に保つ上でも重要な役割を担っている。

腎臓には内分泌腺としての機能もあり、骨髄における赤血球の産生促進するホルモンを分泌する。
ビタミンDは、腎臓で活性型ビタミンDに転換されて、骨の形成や維持の作用を発揮する。

副腎

左右の腎臓の上部にそれぞれ附属し、皮質と髄質の2層構造からなる。
アルドステロンは、体内に塩分と水を貯留し、カリウムの排泄を促す作用があり、電解質と水分の排出調節の役割を担っている。

副腎髄質では、自律神経系に作用するアドレナリンノルアドレナリンが産生・分泌される。

尿路(膀胱、尿道)

左右の腎臓と膀胱は尿管でつながっており、腎臓から膀胱を経て尿道に至る尿の通り道を尿路という。

尿のほとんどは水分で、尿素、尿酸等の老廃物、その他微量の電解質、ホルモン等を含む。
尿は血液が濾過されて作られるため、糞便とは異なり、健康な状態であれば細菌等の微生物は存在しない。

膀胱

膀胱の出口にある膀胱括約筋が緩むと、同時に膀胱壁の排尿筋が収縮し、尿が尿道へと押し出される。

尿道

女性尿道が短いため、細菌などが侵入したとき膀胱まで感染を生じやすい。
高齢者では、膀胱や尿道の括約筋の働きによって排尿を制御する機能が低下し、また、膀胱の容量が小さくなるため、尿失禁を起こしやすくなる。

男性では、膀胱の真下に尿道を取り囲むように前立腺がある。加齢とともに前立腺が肥大し、尿道を圧迫して排尿困難等を生じることがある。

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 漢方の勉強をする女性

    登録販売者試験対策~漢方薬まとめ~

  2. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(消化器系)」

  3. 登録販売者資格対策

    登録販売者試験に合格!おすすめの勉強法と5つのポイント

  4. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 適切な医薬品選択と受診勧奨」

  5. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

  6. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 医薬品概論・医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。