登録販売者試験対策|「第2章 人体の構造と働き(循環器系)」

登録販売者試験第2章

厚生労働省の試験問題作成の手引きを元に作成しています。

循環器系

体液(血液やリンパ液)を体内に循環させ、酸素、栄養分等を全身の組織へ送り、老廃物を排泄器官へ運ぶための器官系で、心臓、血管系、血液、脾臓、リンパ系からなる。

血管系が心臓を中心とする閉じた管(閉鎖循環系)であるのに対して、リンパ系は末端がリンパ毛細管となって組織の中に開いている開放循環系である。

心臓

心臓

心筋でできた握りこぶし大の袋状の臓器で、胸骨の後方に位置する。
血液は心臓がポンプの役目を果たすことによって循環している。

心臓の内部は上部左右の心房下部左右の心室の4つの空洞に分かれている。
心房で血液を集めて心室に送り、心室から血液を拍出する。このような心臓の動きを拍動という。

心室には血液を取り込む側と送り出す側にそれぞれ弁があり、拍動と協調して交互に開閉する。
心臓の右側部分(右心房、右心室)は、全身から集まってきた血液へ送り出す。
肺でのガス交換が行われた血液は、心臓の左側部分(左心房、左心室)に入り、そこから全身に送り出される。

血管系(動脈、静脈、毛細血管)

動脈⇨心臓から拍出された血液を送る血管
静脈⇨心臓へ戻る血液を送る血管
いずれも血管壁が収縮すると血管は細くなり、弛緩すると拡張し、心拍数と同様に自律神経系によって制御される。

動脈は弾力性があり、圧力がかかっても耐えられるようになっている。
動脈の多くは体の深部を通っているが、頚部、手首、肘の内側等では皮膚表面近くを通るため、心拍に合わせて脈がふれる。

静脈は皮膚表面近くを通っている部分が多く、皮膚の上から透けて見える。静脈にかかる圧力は比較的低いため、血管壁は動脈よりも薄い。

四肢を通る静脈では血流が重力の影響を受けやすいため、一定の間隔をおいて内腔に向かう薄い帆状のひだ(静脈弁)が発達して血液の逆流を防いでいる。

毛細血管の薄い血管壁を通して、酸素と栄養分が血液中から組織へ運び込まれ、それと交換に二酸化炭素や老廃物が組織から血液中へ取り込まれる。

消化管壁を通っている毛細血管の大部分は、門脈と呼ばれる血管に集まって肝臓に入る。

消化管で吸収された物質が一度肝臓を通って代謝や解毒を受けた後に、血流に乗って全身を循環する仕組みとなっている。

最大血圧⇨心臓が収縮した時の血圧
最小血圧⇨心臓が弛緩した時の血圧

血液

血管

血液は、血漿と血球からなり、酸素や栄養分を全身の組織に供給し、二酸化炭素や老廃物を排泄器官へ運ぶ。

血漿

90%以上が水分からなり、アルブミン、グロブリン等のタンパク質のほか、微量の脂質、糖質、電解質を含む。

アルブミンは、血液の浸透圧を保持する(血漿成分が血管から組織中に漏れ出るのを防ぐ)働きがあるほか、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。

グロブリンは、その多くが、免疫反応において、体内に侵入した細菌やウイルス等の異物を特異的に認識する抗体としての役割を担うため、そういったものは免疫グロブリンとも呼ばれる。

脂質(中性脂肪、コレステロール等)は、血漿中のタンパク質と結合してリポタンパク質を形成し、血漿中に分散している。
なお、血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や赤血球の量で決まり、血中脂質量はほとんど影響を与えない。

赤血球

中央部がくぼんだ円盤状の細胞で、血液全体の約40%を占め、赤い血色素(ヘモグロビン)を含む。
ヘモグロビンは鉄分と結合したタンパク質
赤血球は骨髄で産生される
赤血球中のヘモグロビン量が欠乏すると、貧血症状が現れる。
ビタミンが不足する⇨ビタミン欠乏性貧血
鉄分が不足する⇨鉄欠乏性貧血

白血球

体内に侵入した細菌やウイルス等の異物に対する防御を受け持つ細胞である。
形態や機能等の違いにより、数種類に細分類される。

好中球は、最も数が多く、白血球の約60%を占めている。
血管壁を通り抜けて組織の中に入り込むことができ、感染が起きた組織に遊走して集まり、細菌やウイルス等を食作用によって取り込んで分解する。

リンパ球は、白血球約1/3を占め、血液のほかリンパ液にも分布して循環している。
リンパ節、脾臓等のリンパ組織で増殖し、細菌、ウイルス等の異物を認識したり(T細胞リンパ球)、それらに対する抗体(免疫グロブリン)を産生する(B細胞リンパ球)。

単球は、白血球の約5%と少ないが最も大きく、強い食作用を持つ。
血管壁を通り抜けて組織の中に入り込むことができ、組織の中ではマクロファージ(貪食細胞)と呼ばれる。

感染や炎症などが起きると全体の数が増加するとともに、種類ごとの割合も変化する。

血小板

生体には損傷した血管からの血液の流出を抑える仕組みが備わっており、血小板がその仕組みにおいて重要な役割を担っている。

損傷した血管は、血管壁が収縮することで血流を減少させ、大量の血液が流出するのを防ぐ。同時に、損傷部位に血小板が粘着、凝集して傷口を覆う。

このとき血漿タンパク質の一種であるフィブリノゲンが傷口で重合して線維状のフィブリンとなる。

脾臓

脾臓

握りこぶし大のスポンジ状臓器で、胃の後方の左上腹部に位置する。
主な働きは、脾臓内を流れる血液から古くなった赤血球を濾し取って処理することである。

脾臓にはリンパ球が増殖、密集する組織(リンパ組織)があり、血流中の細菌やウイルス等の異物に対する免疫応答に関与する。

リンパ系には心臓のようにポンプの働きをする器官がなく、リンパ液の流れは主に骨格筋の収縮によるものである。

リンパ管には逆流防止のための弁があって、リンパ液は一定の方向に流れている。
リンパ管は互いに合流して次第に太くなり、最終的に鎖骨の下にある静脈につながる。

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 登録販売者資格対策

    登録販売者ってどんな資格?登録販売者の仕事内容や取得するメリット

  2. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 薬害の歴史」

  3. 漢方の勉強をする女性

    登録販売者試験対策~漢方薬まとめ~

  4. 登録販売者資格対策

    登録販売者試験に合格!おすすめの勉強法と5つのポイント

  5. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(消化器系)」

  6. 登録販売者試験対策|「第2章 人体の構造と働き(泌尿器系)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。