登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

登録販売者試験第2章

厚生労働省の試験問題作成の手引きを元に作成しています。

呼吸器系

登録販売者試験第2章

呼吸を行うための器官系で、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺からなる。
鼻腔から気管支までの呼気及び吸気の通り道を気道といい、そのうち、咽頭・喉頭までの部分を上気道、気管から気管支、肺までの部分を下気道という。

鼻腔

鼻腔広げ、効率よく適度な湿り気と温もりを与えて、乾燥した冷たい外気が流れ込むのを防いでの内壁は、粘膜で覆われた棚状の凹凸になっており、吸入された空気との接触面積を広げ、効率よく適度な湿り気と温もりを与えて、乾燥した冷たい外気が流れ込むのを防いでいる。

鼻腔の内壁には粘液分泌腺が多く分布し、鼻汁を分泌する。
鼻汁にはリゾチームが含まれ、気道の防御機構の一つとなっている。

咽頭

呼吸器系

鼻腔と口腔につながっており、咽頭は消化管と気道の両方に属する。
咽頭の後壁には扁桃があり、粘膜表面が凹凸している。
扁桃はリンパ組織(白血球の一種であるリンパ球が密集する組織)が集まってできていて、気道に侵入してくる細菌、ウイルス等に対する免疫反応が行われる。

喉頭、気管、気管支

喉頭は、咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官で、軟骨の突起した部分(喉頭隆起)がいわゆる「のどぼとけ」である。

喉頭は、発声器としての役割もある。
喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を気管といい、そこから肺の中で複数に枝分かれする部分を気管支という。

喉頭の大部分と気管から気管支までの粘膜は線毛上皮で覆われている。

肺

胸部の左右両側に1対ある。肺自体には肺を動かす筋組織がないため、自力で膨らんだり縮んだりするのではなく、横隔膜や肋間筋によって拡張・収縮して呼吸運動が行われている。

肺の内部で気管支が細かく枝分かれし、末端はブドウの房のような構造となっており、その球状の袋部分を肺胞という。

肺胞の壁は非常に薄くできていて、周囲を毛細血管が網のように取り囲んでいる。
肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織を間質という。

肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から二酸化炭素が肺胞気中に拡散し、代わりに酸素が血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(消化器系)」

  2. 登録販売者資格対策

    登録販売者試験に合格!おすすめの勉強法と5つのポイント

  3. 登録販売者資格対策

    登録販売者ってどんな資格?登録販売者の仕事内容や取得するメリット

  4. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 適切な医薬品選択と受診勧奨」

  5. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 医薬品概論・医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因」

  6. 漢方の勉強をする女性

    登録販売者試験対策~漢方薬まとめ~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。