登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(消化器系)」

登録販売者試験第2章

厚生労働省の試験問題作成の手引きを元に作成しています。

人体の構造と働き

消化器系

ヒトの体は、細胞が集まって構成されており、関連する働きを持つ細胞が集まって組織を作り、複数の組織が組み合わさって一定の形態を持ち、特定の働きをする器官が形成される。

器官が互いに連絡して協働し、全体として一つの機能を持つ場合、それらを器官系という。
細胞と細胞の間には、カルシウム化合物、粘液物質、膠原線維等の物質が存在し、これを細胞間質という。

消化器系

登録販売者試験第2章

飲食物を消化して生命を維持していくため必要な栄養分として吸収し、その残滓を体外に排出する器官系である。

①消化管:口腔、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、肛門
⑧消化腺:唾液腺、肝臓、胆嚢、膵臓

口腔

歯の構造

歯は、歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント骨)によって上下の顎の骨に固定されている。
歯槽骨の中に埋没している歯の部分を歯根、歯頚(歯肉線のあたり)を境に口腔に露出する部分を歯冠という。

歯冠の表面はエナメル質で覆われ、体で最も硬い部分となっている。エナメル質の下には象牙質と呼ばれる硬い骨状の組織があり、神経や血管が通る歯髄を取り囲んでいる。

舌の表面には、舌乳頭という無数の小さな突起があり、味覚を感知する部位である味蕾が分布している。

唾液腺

唾液を分泌し、食物を湿潤させてかみ砕きやすくし、また、咀嚼物を滑らかにして嚥下を容易にする。
唾液には、デンプンをデキストリンや麦芽糖に分解する消化酵素(プチアリン。唾液アミラーゼともいう。)が含まれ、また、味覚の形成にも重要な役割を持つ。

唾液は、リゾチーム等殺菌・抗菌物質を含んでいる。
唾液によって口腔内は pH がほぼ中性に保たれ、酸による歯の齲蝕を防いでいる。

咽頭、食道

咽頭は、口腔から食道に通じる食物路と、呼吸器の気道とが交わるところである。
“飲食物を飲み込む運動(嚥下)が起きるときには、喉頭の入り口にある弁(喉頭蓋)が反射的に閉じることにより、飲食物が喉頭や気管に流入せずに食道へと送られる。 ”

食道は喉もとから上腹部のみぞおち近くまで続く、直径1~2cmの管状の器官で、消化液の分泌腺はない。

嚥下された飲食物は、重力によって胃に落ち込むのでなく、食道の運動によって胃に送られる。
食道の上端と下端には括約筋があり、胃の内容物が食道や咽頭に逆流しないように防いでいる。

胃

上腹部にある中空の臓器で、中身が空の状態では扁平に縮んでいるが、食道から内容物が送られてくると、その刺激に反応して胃壁の平滑筋が弛緩し、容積が拡がる。

胃の内壁は粘膜で覆われて多くのひだをなしている。粘膜の表面には無数の微細な孔があり、胃腺につながって塩酸(胃酸)のほか、ペプシノーゲンなどを分泌している。ペプシノーゲンは胃酸によって、タンパク質を消化する酵素であるペプシンとなり、胃酸とともに胃液として働く。

タンパク質がペプシンによって半消化された状態をペプトンという。
また、胃酸は、胃内を強酸性に保って内容物が腐敗や発酵を起こさないようにする役目も果たしている。

胃粘液に含まれる成分は、小腸におけるビタミンB12の吸収にも重要な役割を果たしている。

食道から送られてきた内容物は、胃の運動によって胃液と混和され、かゆ状となって小腸に送り出されるまで数時間、胃内に滞留する。
滞留時間は、炭水化物主体の食品の場合には比較的短く脂質分の多い食品の場合には比較的長い。

小腸

小腸

全長6~7mの管状の臓器で、十二指腸、空腸、回腸の3部分に分かれる。
十二指腸は、胃から連なる約25cm のC字型に彎曲した部分で、彎曲部には膵管と胆嚢からの胆管の開口部があって、それぞれ膵液と胆汁を腸管内へ送り込んでいる。

膵液中のトリプシノーゲンがトリプシンになる。
トリプシンは、胃で半消化されたタンパク質(ペプトン)をさらに細かく消化する酵素である。

小腸のうち十二指腸に続く部分の、概ね上部40%が空腸、残り約60%が回腸である。

空腸で分泌される腸液(粘液)に、腸管粘膜上の消化酵素(半消化されたタンパク質をアミノ酸まで分解するエレプシン、炭水化物を単糖類(ブドウ糖、ガラクトース、果糖)まで分解するマルターゼ、ラクターゼ等)が加わり、消化液として働く。

消化と栄養分の吸収が行われる。

十二指腸の上部を除く小腸の内壁には輪状のひだがあり、その粘膜表面は絨毛(柔突起ともいう)に覆われてビロード状になっている。
絨毛を構成する細胞の表面には、さらに微絨毛が密生して吸収効率を高めている。

炭水化物とタンパク質は、消化酵素の作用によってそれぞれ単糖類、アミノ酸に分解されて吸収される。
脂質(トリグリセリド)は、消化酵素(リパーゼ)の作用によって分解を受けるが、小腸粘膜の上皮細胞で吸収されると脂質に再形成され、乳状脂粒(リポタンパク質の一種でカイロミクロンとも呼ばれる)となる。

その際、脂溶性ビタミンも一緒に取り込まれる。

膵臓

膵臓

胃の後下部に位置する細長い臓器で、膵液十二指腸へ分泌する。
膵液は弱アルカリ性で、胃で酸性となった内容物を中和するのに重要である

膵液は、消化酵素の前駆体タンパクであり消化管内で活性体であるトリプシンに変換されるトリプシノーゲンのほか、デンプンを分解するアミラーゼ(膵液アミラーゼ)脂質を分解するリパーゼなど、多くの消化酵素を含んでいる。

膵臓は、炭水化物、タンパク質、脂質のそれぞれを消化するすべての酵素の供給を担っている。
また、膵臓は、消化腺であるとともに、血糖値を調節するホルモン(インスリン及びグルカゴン)等を血液中に分泌する内分泌腺でもある。

胆嚢

胆嚢

胆嚢は、肝臓で産生された胆汁を濃縮して蓄える器官で、十二指腸に内容物が入ってくると収縮して腸管内に胆汁を送り込む。

胆汁に含まれる胆汁酸塩(コール酸、デオキシコール酸等の塩類)は、脂質の消化を容易にし、また、脂溶性ビタミンの吸収を助ける。

腸内に放出された胆汁酸塩の大部分は、小腸で再吸収されて肝臓に戻される(腸肝循環)。

胆汁には、古くなった赤血球や過剰のコレステロール等を排出する役割もある。
胆汁に含まれるビリルビン(胆汁色素)は、赤血球中のヘモグロビンが分解されて生じた老廃物で、腸管内に排出されたビリルビンは、腸管内に生息する常在細菌(腸内細菌)によって代謝されて、糞便を茶褐色にする色素となる。

肝臓

肝臓

肝臓は、大きい臓器であり、横隔膜の直下に位置する。
小腸で吸収されたブドウ糖は、血液によって肝臓に運ばれてグリコーゲンとして蓄えられる。
肝臓は、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D等のほか、ビタミンB6やB12等の水溶性ビタミンの貯蔵臓器でもある。

消化管等から吸収された、又は体内で生成した、滞留すると生体に有害な物質を、肝細胞内の酵素系の働きで代謝して無毒化し、又は体外に排出されやすい形にする。

アルコールの場合、胃や小腸で吸収されるが、肝臓へと運ばれて一度アセトアルデヒドに代謝されたのち、さらに代謝されて酢酸となる。
アミノ酸が分解された場合等に生成するアンモニアも、体内に滞留すると有害な物質であり、肝臓において尿素へと代謝される。

肝機能障害や胆管閉塞などを起こすとビリルビンが循環血液中に滞留して、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる症状)を生じる。

肝臓では、必須アミノ酸以外のアミノ酸を生合成することができる。

大腸

大腸

盲腸、虫垂、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸からなる管状の臓器で、内壁粘膜に絨毛がない点で小腸と区別される。

水分とナトリウム、カリウム、リン酸等の電解質の吸収が行われる。

大腸では消化はほとんど行われない。

大腸の粘膜から分泌される粘液(大腸液)は、便塊を粘膜上皮と分離しやすく滑らかにする。
大腸内には腸内細菌が多く存在し、腸管内の食物繊維(難消化性多糖類)を発酵分解する。

大腸の腸内細菌は、血液凝固や骨へのカルシウム定着に必要なビタミンK等の物質も産生している。
なお、腸内細菌による発酵で、糞便の臭気の元となる物質やメタン、二酸化炭素等のガスが生成される。

通常、糞便の成分の大半は水分で、そのほか、はがれ落ちた腸壁上皮細胞の残骸(15~20%)や腸内細菌の死骸(10~15%)が含まれ、食物の残滓は約5%に過ぎない。

糞便となって直腸に達すると、刺激が脳に伝わって便意を生じる。
糞便は下行結腸、S状結腸に滞留し、直腸は空になっている。S状結腸に溜まった糞便が直腸へ送られてくると、その刺激に反応して便意が起こる。

肛門

直腸粘膜が皮膚へと連なる体外への開口部である。直腸粘膜と皮膚の境目になる部分には歯状線と呼ばれるギザギザの線がある。

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 医薬品概論・医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因」

  2. 登録販売者資格対策

    登録販売者試験に合格!おすすめの勉強法と5つのポイント

  3. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章 人体の構造と働き(循環器系)」

  4. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 薬害の歴史」

  5. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 適切な医薬品選択と受診勧奨」

  6. 漢方の勉強をする女性

    登録販売者試験対策~漢方薬まとめ~

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。