登録販売者試験に合格!おすすめの勉強法と5つのポイント

登録販売者資格対策

登録販売者の試験勉強を始めたいけれど、どこから進めたら良いのかわからない…。

身体の構造や成分がたくさんあって合格できるか不安…という方も多いのではないでしょうか。

登録販売者試験はポイントを押さえておくことで一発合格もできる資格です。

働きながら、家事をしながらでも効率良く勉強をするためのポイントをご紹介します!

登録販売者試験に合格するための5つのポイント

見やすいテキストを手に入れる

イラストと文字で記憶する

YouTubeなどの解説を聞き流す

過去問を最低3年分解く

100%正解でなくても良い

①見やすいテキストを手に入れる

book

登録販売者の試験問題は、厚生労働省が配布する試験問題作成の手引きを元に各都道府県で作成されます。

試験問題作成の手引きはPDF形式で掲載されており、印刷することでテキストを購入しなくても勉強ができます。

(※全部で382ページあります。)

市販のテキストはこの手引きを元に作成されており、要点だけのものからイラスト付きまで沢山あります。あなたにとって見やすいテキストを選ぶことをおすすめします。

テキストを選ぶ時におすすめの方法

人体図がイラストがあるものを選ぶ

重要なポイントを強調しているものを選ぶ

文章だけで理解ができて記憶ができる人なら良いですが、効率良く勉強するためにもイラスト付きのテキストを選ぶことをおすすめします。

②イラストと文字で記憶する

anatomical-chart

文章による記憶→左脳
イラストなどイメージによる記憶→右脳

両方の脳をフルに使って勉強することでより効率良く、登録販売者資格の勉強ができるでしょう。

③YouTubeなどの解説を聞き流す

目で見て覚える記憶だけでなく、耳で聞いて覚える方法も取り入れることもおすすめです。

YouTubeでは登録販売者の勉強方法について解説している動画があります。

通勤や通学などの移動中や普段の音楽の代わりに繰り返し聞き、口ずさむことで記憶効率の向上も◎!

④過去問を最低3年分解く

過去問のうち特に直近3年分を解くことでよく出る問題や傾向がつかめます。

問題数が多くて大変な第3章も傾向をつかむことで重要な項目がどこなのかを把握できます。

全体を理解することも大切ですが、頻出問題を確実にクリアすることで点数アップに繋がります。

過去問を解き始めた時は合格点に達していなくても大丈夫です。

繰り返し問題を解き、間違った部分はテキストと照らし合わせて理解していくことで知識を定着しやすくしましょう。

第1章の勉強ができたらまずは第1章のみ過去問を解いてみるとよいでしょう。どれだけ理解できたかを確認でき、足りない部分を補うことで理解度が高まりますね。

⑤100%正解でなくても良い

登録販売者試験に合格するためには100点満点である必要はありません。

もちろん業務に携わる時には十分な知識が必要ですが、試験に合格するためには全ての足切り点を超えて、総合点でクリアすれば良いのです。

そのためには特に点数を取りやすい第1章や第2章をほぼ完ぺきに覚えておくことが大切です。

一番難しい第3章で全て正解することは難しくても他の章でカバーできていれば合格点に限りなく近づけることができます。

登録販売者試験の勉強まとめ

今回は登録販売者に合格するために大切な5つのポイントをご紹介しました!

全国での合格率は4割程度ですが、しっかりと対策することで合格できる資格なのです。

今回ご紹介した5つのポイントを押さえながら各章の内容と重要なポイントなどを見ていきましょう♪

みんなにシェアする♪

記事のタイトルとURLをコピーする

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 登録販売者試験対策

    登録販売者試験対策|「第1章 適切な医薬品選択と受診勧奨」

  2. 登録販売者試験対策|「第2章 人体の構造と働き(泌尿器系)」

  3. 漢方の勉強をする女性

    登録販売者試験対策~漢方薬まとめ~

  4. 登録販売者資格対策

    登録販売者ってどんな資格?登録販売者の仕事内容や取得するメリット

  5. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

  6. 登録販売者試験第2章

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(消化器系)」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。