登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 貧血用薬(鉄製剤)』

漢方情報サイトmeguryのno-image

貧血症状と鉄製剤の働き

貧血は、その原因によりビタミン欠乏性貧血、鉄欠乏性貧血等に分類される。

一般的な症状として、疲労、動悸、息切れ、血色不良、頭痛、耳鳴り、めまい、微熱、皮膚や粘膜の蒼白(青白くなること)、下半身のむくみ等が現れる。

貧血用薬(鉄製剤)は、鉄欠乏性貧血に対して不足している鉄分を補充し、造血機能の回復を図る医薬品である。

鉄分の摂取不足を生じても、初期には貯蔵鉄や血清鉄が減少するのみでヘモグロビン量自体は変化せず、ただちに貧血の症状は現れない。

しかし、持続的に鉄が欠乏すると、ヘモグロビンが減少して貧血症状が現れる。

体の成長が著しい年長乳児や幼児、月経血損失のある女性、鉄要求量の増加する妊婦・母乳を与える女性では、鉄欠乏状態を生じやすい。

代表的な配合成分、主な副作用

鉄分

主な成分は、フマル酸第一鉄、溶性ピロリン酸第二鉄、可溶性含糖酸化鉄、クエン酸鉄アンモニウム。
鉄製剤を服用すると便が黒くなることがある。

使用の中止を要する副作用等の異常ではないが、鉄製剤の服用前から便が黒い場合は貧血の原因として消化管内で出血している場合もあるため、服用前の便の状況との対比が必要である。

鉄以外の金属成分

はヘモグロビンの産生過程で、鉄の代謝や輸送に重要な役割を持つ。

硫酸銅が配合されている場合がある。

コバルトは赤血球ができる過程で必要不可欠なビタミンB12の構成成分であり、骨髄での造血機能を高める目的で、硫酸コバルトが配合されている場合がある。

マンガンは、糖質・脂質・タンパク質の代謝をする際に働く酵素の構成物質であり、エネルギー合成を促進する目的で、硫酸マンガンが配合されている場合がある。

ビタミン成分

ビタミンB6や、正常な赤血球の形成に働くビタミンB12や葉酸などが配合されている場合がある。

ビタミンC(アスコルビン酸等)は、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。

主な副作用

鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。

相互作用、受診勧奨等

複数の貧血用薬と併用すると、鉄分の過剰摂取となり、胃腸障害や便秘等の副作用が起こりやすくなる。

服用の前後30分タンニン酸を含む飲食物(緑茶、紅茶、コーヒー、ワイン、柿等)を摂取すると、タンニン酸と反応して鉄の吸収が悪くなることがある。

貧血のうち鉄製剤で改善できるのは、鉄欠乏性貧血のみである。

こちらの記事も読まれています

  1. 登録販売者試験対策ポイント|『第2章 目、鼻、耳などの感覚器官』

    登録販売者試験対策ポイント|『第2章 目、鼻、耳などの感覚器官』

  2. 【奈良県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【奈良県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  3. 登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 精神神経に作用する薬』

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 精神神経に作用する薬』

  4. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 その他の泌尿器用薬』

  5. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策まとめ・勉強のポイントを解説|『第5章 Ⅱ 医薬品の安全対策』

  6. 登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

  7. 【静岡県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【静岡県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  8. 登録販売者資格対策

    登録販売者試験に合格!おすすめの勉強法と5つのポイント

  9. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 高コレステロール改善薬』

  10. 登録販売者試験対策ポイント|「第2章 脳や神経系の働き」

    登録販売者試験対策ポイント|「第2章 脳や神経系の働き」

  11. 【佐賀県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【佐賀県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  12. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策まとめ・勉強のポイントを解説|『第5章 Ⅳ 一般用医薬品に関する主な安全対策』

登録販売者試験