登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 胃の薬(制酸薬、健胃薬、消化薬)』

漢方情報サイトmeguryのno-image

Ⅲ 胃腸に作用する薬

胃の働きに異常が生じると、胃液の分泌量の増減や食道への逆流が起こったり、胃液による消化作用から胃自体を保護する働きや胃の運動が低下して、胸やけや胃の不快感、消化不良、胃もたれ、食欲不振等の症状として現れる。

吐きけや嘔吐は、延髄にある嘔吐中枢の働きによって起こる。

制酸薬は、胃液の分泌亢進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする医薬品である。

健胃薬は、弱った胃の働きを高めること(健胃)を目的とする医薬品である。配合される生薬成分は独特の味や香りを有し、唾液や胃液の分泌を促して胃の働きを活発にする作用があるとされる。

消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的とする医薬品である。

代表的な配合成分等、主な副作用、相互作用、受診勧奨

制酸成分

(目的)中和反応によって胃酸の働きを弱める。
酸度の高い食品と一緒に使用すると胃酸に対する中和作用が低下することが考えられる。
炭酸飲料等での服用は適当でない。

制酸成分のうちアルミニウムを含む成分については、透析療法を受けている人が長期間服用した場合にアルミニウム脳症及びアルミニウム骨症を引き起こしたとの報告があり、透析療法を受けている人では使用を避ける必要がある。

腎臓病の診断を受けた人では、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、アルミニウム等の無機塩類の排泄が遅れたり、体内に貯留しやすくなるため、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談がなされるべきである。

制酸成分は他の医薬品(かぜ薬、解熱鎮痛薬等)でも配合されていることが多く、併用によって制酸作用が強くなりすぎる可能性があるほか、高カルシウム血症、高マグネシウム血症等を生じるおそれがある。

健胃成分

(目的)味覚や嗅覚を刺激して反射的な唾液や胃液の分泌を促す。
オウバク、オウレン、センブリ、ゲンチアナ、リュウタン、ケイヒ、ユウタン等の生薬成分が配合されている。

生薬 効能・効果
オウバク ミカン科のキハダ又はフェロデンドロン・キネンセの周皮を除いた樹皮
オウレン キンポウゲ科のオウレン、コプティス・キネンシス、コプティス・デルトイデア又はコプティス・テータの根をほとんど除いた根茎
センブリ リンドウ科のセンブリの開花期の全草
ゲンチアナ リンドウ科のゲンチアナの根及び根茎
リュウタン リンドウ科のトウリンドウ等の根及び根茎
ユウタン クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したもの
ケイヒ クスノキ科のシンナモムム・カッシアの樹皮又は周皮の一部
コウボク モクレン科のホオノキ、カラホオ等の樹皮
ショウキョウ ショウガ科のショウガの根茎
チョウジ フトモモ科のチョウジの蕾
チンピ ミカン科のウンシュウミカンの成熟した果皮
ソウジュツ キク科のホソバオケラ等、又はそれらの雑種の根茎
ビャクジュツ キク科のオケラの根茎(ワビャクジュツ)又はオオバナオケラの根茎

カルニチン塩化物は、生体内に存在する有機酸の一種。

消化成分

(目的)炭水化物、脂質、タンパク質、繊維質等の分解に働く酵素を補う。
ジアスターゼ、プロザイム、ニューラーゼ、リパーゼ、セルラーゼ又はその複合酵素(ビオジアスターゼ、タカヂアスターゼ)等

胆汁末や動物胆(ユウタンを含む。)、ウルソデオキシコール酸、デヒドロコール酸は、胆汁の分泌を促す作用(利胆作用)がある。
肝臓の働きを高める作用もあるとされるが、肝臓病の診断を受けた人ではかえって症状を悪化させるおそれがある。

その他の成分

アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)、アルジオキサ、スクラルファート、ゲファルナート、ソファルコン、テプレノン、セトラキサート塩酸塩、トロキシピド、銅クロロフィリンカリウム、銅クロロフィリンナトリウム、メチルメチオニンスルホニウムクロライド等

アルジオキサ、スクラルファート

アルミニウムを含む成分であるため、透析を受けている人では使用を避ける必要がある。
腎臓病の診断を受けた人では、アルミニウムが体内に貯留しやすいため、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談がなされるべきである。

ソファルコン、テプレノン

まれに重篤な副作用として肝機能障害を生じることがある。

セトラキサート塩酸塩

 

トラネキサム酸を生じることから、血栓のある人、血栓を起こすおそれのある人では、生じた血栓が分解されにくくなる。

胃粘膜の炎症を和らげる成分(抗炎症成分)

消泡成分

(目的)消化管内容物中に発生した気泡の分離を促す。

ジメチルポリシロキサン

胃液分泌抑制成分

ロートエキス

副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑える。

ピレンゼピン塩酸塩

消化管以外では一般的な抗コリン作用のため、排尿困難、動悸、目のかすみの副作用を生じることがある。

漢方処方製剤

安中散、人参湯、平胃散、六君子湯

こちらの記事も読まれています

  1. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第3章 痒み、腫れ、痛み等を抑える配合成分』

  2. 【長野県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【長野県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  3. 登録販売者試験対策ポイント|『第2章 目、鼻、耳などの感覚器官』

    登録販売者試験対策ポイント|『第2章 目、鼻、耳などの感覚器官』

  4. 【滋賀県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【滋賀県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  5. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 高コレステロール改善薬』

  6. 【宮崎県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【宮崎県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  7. 登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 呼吸器官に作用する薬』

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 呼吸器官に作用する薬』

  8. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第3章 肌の角質化、かさつき等を改善する配合成分』

  9. 【2021年度(令和3年)最新版】登録販売者試験の日程一覧

    【2021年度(令和3年)最新版】登録販売者試験の日程一覧

  10. 登録販売者試験対策ポイント|「第2章 Ⅲ 症状からみた主な副作用」

    登録販売者試験対策ポイント|「第2章 Ⅲ 症状からみた主な副作用」

  11. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策まとめ・勉強のポイントを解説|『第5章 Ⅴ 医薬品の適正使用のための啓発活動』

  12. 登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

    登録販売者試験対策|「第2章人体の構造と働き(呼吸器系)」

登録販売者試験