登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 呼吸器官に作用する薬』

登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 呼吸器官に作用する薬』

呼吸器官に作用する薬

咳止め・痰を出しやすくする薬(鎮咳去痰薬)

咳は、気管や気管支に何らかの異変が起こったときに、その刺激が中枢神経系に伝わり、延髄にある咳嗽中枢の働きによって引き起こされる反応である。

せきはむやみに抑え込むべきではないが、長く続く咳は体力の消耗や睡眠不足をまねくなどの悪影響もある。

呼吸器官に感染を起こしたときや、空気が汚れた環境で過ごしたり、タバコを吸いすぎたときなどには、気道粘膜からの粘液分泌が増えるが、その粘液に気道に入り込んだ異物や粘膜上皮細胞の残骸などが混じって痰となる。

(目的)鎮咳去痰薬は、咳を鎮める、痰の切れを良くする、また、喘息症状を和らげる。

錠剤、カプセル剤、顆粒剤、散剤、内用液剤、シロップ剤等のほか、口腔咽喉薬の目的を兼ねたトローチ剤やドロップ剤がある。

代表的な配合成分等、主な副作用

鎮咳去痰薬には、咳を鎮める成分、気管支を拡げる成分、痰の切れを良くする成分、気道の炎症を和らげる成分等を組み合わせて配合されている。

中枢神経系に作用して咳を抑える成分(鎮咳成分)

延髄の咳嗽中枢に作用するものとして、コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、ノスカピン、ノスカピン塩酸塩、デキストロメトルファン臭化水素酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩、ジメモルファンリン酸塩、クロペラスチン塩酸塩、クロペラスチンフェンジゾ酸塩等がある。

麻薬性鎮咳成分

コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩については、その作用本体であるコデイン、ジヒドロコデインがモルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。

吸収された成分の一部が血液-胎盤関門を通過して胎児へ移行することが知られている。
副作用として便秘が現れることがある。

コデインリン酸塩水和物又はジヒドロコデインリン酸塩

12歳未満の小児等への使用を禁忌とする

非麻薬性鎮咳成分

ノスカピン、ノスカピン塩酸塩、デキストロメトルファン臭化水素酸塩、チペピジンヒベンズ酸塩、チペピジンクエン酸塩、ジメモルファンリン酸塩、クロペラスチン塩酸塩、クロペラスチンフェンジゾ酸塩等

生薬成分

生薬 効能・効果
ハンゲ 中枢性の鎮咳作用を示す

気管支を拡げる成分(気管支拡張成分)

アドレナリン作動成分

メチルエフェドリンサッカリン塩、トリメトキノール塩酸塩、メトキシフェナミン塩酸塩等

メチルエフェドリン塩酸塩、メチルエフェドリンサッカリン塩、マオウについては、中枢神経系に対する作用が他の成分に比べ強いとされ、依存性がある成分であることに留意する必要がある。

メチルエフェドリン塩酸塩、メチルエフェドリンサッカリン塩については、定められた用法用量の範囲内で乳児への影響は不明であるが、吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが知られている。

(目的)交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮める。

ジプロフィリン等のキサンチン系成分

自律神経系を介さずに気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させる成分。

甲状腺機能障害又はてんかんの診断を受けた人では、症状の悪化を招くおそれがある。

生薬成分

マオウ

心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。

痰の切れを良くする成分(去痰成分)

気道粘膜からの粘液の分泌を促進する作用を示す。

グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウム、クレゾールスルホン酸カリウム等

痰の中の粘性タンパク質を溶解・低分子化して粘性を減少させるもの。

エチルシステイン塩酸塩、メチルシステイン塩酸塩、カルボシステイン等

粘液成分の含量比を調整し痰の切れを良くするもの。

カルボシステイン

分泌促進作用・溶解低分子化作用・線毛運動促進作用を示すもの

ブロムヘキシン塩酸塩

炎症を和らげる成分(抗炎症成分)

(目的)気道の炎症を和らげる。

トラネキサム酸、グリチルリチン酸二カリウム(カンゾウ)等

カンゾウを大量に摂取するとグリチルリチン酸の大量摂取につながり、偽アルドステロン症を起こすおそれがある。

むくみ、心臓病、腎臓病又は高血圧のある人や高齢者では偽アルドステロン症を生じるリスクが高い。

1日最大服用量がカンゾウとして1g以上の製品

漢方処方製剤

甘草湯

抗ヒスタミン成分

(目的)せきや喘息、気道の炎症は、アレルギーに起因することがあり、鎮咳成分や気管支拡張成分、抗炎症成分の働きを助ける。

クロルフェニラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩等

気道粘膜での粘液分泌を抑制することで痰が出にくくなることがあるため、痰の切れを良くしたい場合は併用に注意する必要がある。

殺菌消毒成分

セチルピリジニウム塩化物等

口腔咽喉薬の効果を兼ねたトローチ剤やドロップ剤。

基本的に他の配合成分は腸で吸収され、循環血液中に入って薬効をもたらすのに対し、殺菌消毒成分は口腔内及び咽頭部において局所的に作用する。

口中に含み、噛まずにゆっくり溶かすようにして使用されることが重要であり、噛み砕いて飲み込んでしまうと殺菌消毒作用は期待できない。

生薬成分

生薬 効能・効果
キョウニン バラ科のホンアンズ、アンズ等の種子
ナンテンジツ メギ科のシロミナンテン(シロナンテン)又はナンテンの果実
ゴミシ マツブサ科のチョウセンゴミシの果実
シャゼンソウ オオバコ科のオオバコの花期の全草
種子のみを用いたものはシャゼンシと呼ばれる。
オウヒ バラ科のヤマザクラ又はその他近縁植物の、通例、周皮を除いた樹皮
キキョウ キキョウ科のキキョウの根
セネガ、オンジ セネガはヒメハギ科のセネガ又はヒロハセネガの根
糖尿病の検査値に影響を生じることがある。
セキサン ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎
バクモンドウ ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部

漢方処方製剤

半夏厚朴湯、柴朴湯、麦門冬湯、五虎湯、麻杏甘石湯、神秘湯

▼合わせて読みたい登録販売者試験対策まとめ

▼合わせて読みたい!
・漢方とは?漢方の歴史や種類・選び方まとめ!漢方薬の正しい飲み方・自己診断チェックも解説

こちらの記事も読まれています

  1. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 Ⅷ 鼻に用いる薬』

  2. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第4章 Ⅲ 医薬品の販売業の許可』

  3. 【奈良県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【奈良県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  4. 【高知県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【高知県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  5. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 高コレステロール改善薬』

  6. 【山形県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【秋田県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  7. 【山形県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【山形県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  8. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 その他の泌尿器用薬』

  9. 登録販売者試験対策ポイント|「第2章 皮膚、骨、関節、筋肉などの運動器官」

    登録販売者試験対策ポイント|「第2章 皮膚、骨、関節、筋肉などの運動器官」

  10. 【山梨県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【山梨県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  11. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 Ⅵ 婦人薬』

  12. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 Ⅴ 排泄に関わる部位に作用する薬』

登録販売者試験