登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 解熱鎮痛薬』

登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 解熱鎮痛薬』

解熱鎮痛薬

痛みは病気や外傷などに対する警告信号として、また、発熱は細菌やウイルス等の感染等に対する生体防御機能の一つとして引き起こされる症状である。

プロスタグランジンはホルモンに似た働きをする物質で、病気や外傷があるときに活発に産生されるようになり、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。
頭痛や関節痛も、プロスタグランジンによって増強される。

解熱鎮痛薬とは、発熱や痛みの原因となっている病気や外傷を根本的に治すものではなく、病気や外傷が原因で生じている発熱や痛みを緩和するために使用される医薬品(内服薬)の総称である。

月経痛(生理痛)は、月経そのものが起こる過程にプロスタグランジンが関わっている。

解熱鎮痛成分

中枢神経系におけるプロスタグランジンの産生抑制作用のほか、腎臓における水分の再吸収を促して循環血流量を増し、発汗を促進する作用も寄与している。

循環血流量の増加は心臓の負担を増大させるため、心臓に障害がある場合は、その症状を悪化させるおそれがある。

プロスタグランジンには胃酸分泌調節作用や胃腸粘膜保護作用もある。

化学的に合成された解熱鎮痛成分に共通して、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)皮膚粘膜眼症候群や中毒性表皮壊死融解症、喘息を生じることがある。

喘息については「アスピリン喘息」としてよく知られているが、これはアスピリン特有の副作用ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる可能性がある。

① サリチル酸系解熱鎮痛成分

アスピリン(別名アセチルサリチル酸)、サザピリン、エテンザミド、サリチルアミド等を総称してサリチル酸系解熱鎮痛成分という。
他の解熱鎮痛成分に比較して胃腸障害を起こしやすい。

サリチル酸系解熱鎮痛成分において特に留意されるべき点は、ライ症候群の発生が示唆されていることである。

アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)及びサザピリンは、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない。

エテンザミド及びサリチルアミドについては、水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっている15歳未満の小児に対しては使用を避ける必要がある。
アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)には血液を凝固しにくくさせる作用もあるため、胎児や出産時の母体への影響を考慮して、出産予定日12週間以内の使用を避ける。

アセトアミノフェン、カフェイン、エテンザミドの組合せは、それぞれの頭文字から「ACE処方」と呼ばれる。

② アセトアミノフェン

中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。
重篤な副作用として皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿庖症、間質性肺炎、腎障害、肝機能障害。

内服薬のほか、専ら小児の解熱に用いる製品としてアセトアミノフェンが配合された坐薬もある。

③ イブプロフェン

一般用医薬品においては、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはならない。
出産予定日12週以内の妊婦については、服用しないこととされている。

重篤な副作用として、肝機能障害、腎障害、無菌性髄膜炎。

④ イソプロピルアンチピリン

一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分となっている。

【生薬成分】

生薬 効能・効果
ジリュウ フトミミズ科、「熱さまし」
シャクヤク、ボタンピ ボタン科のシャクヤクの根
ボウイ ツヅラフジ科のオオツヅラフジの蔓性の茎及び根茎
カンゾウ
ショウキョウ、ケイヒ

鎮静成分

ブロモバレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素
いずれも依存性がある成分である。

カノコソウ⇨鎮静作用がある生薬成分

胃酸を中和する成分(制酸成分)

ケイ酸アルミニウム、酸化マグネシウム、水酸化アルミニウムゲル、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム等

骨格筋の緊張を鎮める成分

メトカルバモール⇨「筋肉のこり」を和らげる

カフェイン類

カフェイン、無水カフェイン、安息香酸ナトリウムカフェイン等

ビタミン成分

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC等

漢方処方製剤

芍薬甘草湯、桂枝加朮附湯、桂枝加苓朮附湯、薏苡仁湯、麻杏薏甘湯、疎経活血湯
当帰四逆加呉茱萸生姜湯、呉茱萸湯、 釣藤散

呉茱萸湯以外はいずれも構成生薬としてカンゾウを含んでいる。

▼合わせて読みたい登録販売者試験対策まとめ

こちらの記事も読まれています

  1. 登録販売者試験対策|「第1章 医薬品概論・医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因」

    登録販売者試験対策|「第1章 医薬品概論・医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因」

  2. 登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 精神神経に作用する薬』

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 精神神経に作用する薬』

  3. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 咳止め・痰を出しやすくする薬(鎮咳去痰薬)』

  4. 【青森県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【青森県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  5. 【京都府】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【京都府】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  6. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 その他の循環器用薬』

  7. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第3章 XV 公衆衛生用薬その他の生薬製剤』

  8. 登録販売者試験対策ポイント|「第2章 皮膚、骨、関節、筋肉などの運動器官」

    登録販売者試験対策ポイント|「第2章 皮膚、骨、関節、筋肉などの運動器官」

  9. 【富山県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【富山県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  10. 【岐阜県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【岐阜県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  11. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 Ⅸ 眼科用薬』

  12. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第4章 Ⅰ 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の目的等』

登録販売者試験