登録販売者試験対策ポイント|『第2章 目、鼻、耳などの感覚器官』

登録販売者試験対策ポイント|『第2章 目、鼻、耳などの感覚器官』

外界における種々の現象を刺激として、脳に伝えるための器官である。

視覚情報の受容器官で、明暗、色及びそれらの位置、時間的な変化(動き)を感じとる眼球と、眼瞼、結膜、涙器、眼筋等からなる。

顔面の左右に1対あり、物体の遠近感を認識することができる。

眼球

頭蓋骨のくぼみ(眼窩分)のみ透明な角膜が覆い、その他の部分は強膜という乳白色の比較的丈夫な結合組織が覆に収まっている球形の器官。

紫外線を含む光に長時間曝されると、角膜の上皮に損傷を生じることがある(雪眼炎、雪目ともいう)。

角膜水晶体の間は、組織液(房水)で満たされ、角膜に一定の圧(眼圧)を生じさせている。

透明な角膜水晶体には血管が通っておらず房水によって栄養分や酸素が供給される。

水晶体の前には虹彩があり、瞳孔散大・縮小させて眼球内に入る光の量を調節している。

水晶体から網膜までの眼球内は、硝子体という透明のゼリー状組織で満たされている。

水晶体は、その周りを囲んでいる毛様体の収縮・弛緩によって、近くの物を見るときには丸く厚みが増し、遠くの物を見るときには扁平になる

網膜には光を受容する細胞(視細胞)が密集していて、個々の視細胞は神経線維につながり、それが束なって眼球の後方視神経となる。

視細胞には、を識別する細胞と、わずかなでも敏感に反応する細胞の二種類がある。

後者が光を感じる反応にはビタミンAが不可欠であるため、ビタミンAが不足すると夜間視力の低下(夜盲症)を生じる。

眼瞼

眼球の前面を覆う薄い皮膚のひだで、物理的・化学的刺激から目を防護するほか、まぶしいとき目に射し込む光の量を低減させたり、まばたきによって目の表面を涙液で潤して清浄に保つなどの機能がある。

上下の眼瞼の縁には睫毛(まつげ)があり、ゴミや 埃等の異物をはじいて目に入らないようにするとともに、物が触れると反射的に目を閉じる触毛としての機能がある。

結膜

眼瞼の裏側と眼球前方の強膜(白目の部分)とを結ぶように覆って組織を保護している。

薄い透明な膜であるため、中を通っている血管が外部から容易に観察できる。

目の充血は血管が拡張して赤く見える状態であるが、結膜の充血では白目の部分だけでなく眼瞼の裏側も赤くなる。
強膜が充血したときは、眼瞼の裏側は赤くならず、強膜自体が乳白色であるため、白目の部分がピンク味を帯びる。

涙器

涙液を分泌する涙腺と、涙液を鼻腔に導出する涙道からなる。涙腺は上眼瞼の裏側にある分泌腺で、血漿から涙液を産生する。

涙液の主な働き
(1) ゴミや 埃等の異物や刺激性の化学物質が目に入ったときに、それらを洗い流す
(2) 角膜に酸素や栄養分を供給する
(3) 角膜や結膜で生じた老廃物を洗い流す
(4) 目が鮮明な視覚情報を得られるよう角膜表面を滑らかに保つ
(5) リゾチーム、免疫グロブリン等を含み、角膜や結膜を感染から防御する

眼筋

眼球を上下左右斜めの各方向に向けるため、6本の眼筋が眼球側面の強膜につながっている。

生理的な目の疲れではなく、メガネやコンタクトレンズが合っていなかったり、神経性の疲労(ストレス)睡眠不足、栄養不良等が要因となって、慢性的な目の疲れに肩こり、頭痛等の全身症状を伴う場合を眼精疲労という。

鼻腔

鼻腔上部の粘膜にある特殊な神経細胞(嗅細胞)を、においの元となる物質の分子(におい分子)が刺激すると、その刺激が脳の嗅覚中枢へ伝えられる。

鼻腔は、薄い板状の軟骨と骨でできた鼻中隔によって左右に仕切られている。
鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。
鼻腔の粘膜に炎症を起こして腫れた状態を鼻炎といい、鼻汁過多や鼻閉(鼻づまり)などの症状を生じる。

副鼻腔

鼻腔に隣接した目と目の間、額部分、頬の下、鼻腔の奥に空洞があり、それらを総称して副鼻腔という。

副鼻腔も、鼻腔と同様、線毛を有し粘液を分泌する細胞でできた粘膜で覆われている。

鼻腔に入った 埃等の粒子は、粘液に捉えられて線毛の働きによって鼻腔内へ排出されるが、鼻腔と連絡する管は非常に狭いため、鼻腔粘膜が腫れると副鼻腔の開口部がふさがりやすくなり、副鼻腔に炎症を生じることがある。

外耳

側頭部から突出した耳介と、耳介で集められた音を鼓膜まで伝導する外耳道からなる。

外耳道にある耳垢腺(汗腺の一種)や皮脂腺からの分泌物に、埃や外耳道上皮の老廃物などが混じって耳垢(耳あか)となる。

中耳

外耳と内耳をつなぐ部分で、鼓膜、鼓室、耳小骨、耳管からなる。

鼓室の内部では、互いに連結した微細な3つの耳小骨が鼓膜の振動を増幅して、内耳へ伝導する。

小さな子供では、耳管が太く短くて、走行が水平に近いため、鼻腔からウイルスや細菌が侵入し感染が起こりやすい。

内耳

聴覚器官である蝸牛と、平衡器官である前庭の2つの部分からなる。

蝸牛は渦巻き形をした器官で、内部はリンパ液で満たされ、中耳の耳小骨から伝わる振動がリンパ液を震わせ、その振動が聴細胞の小突起(感覚毛)を揺らして、聴神経が刺激される。

前庭は、水平・垂直方向の加速度を感知する部分(耳石器官)と、体の回転や傾きを感知する部分(半規管)に分けられる。

蝸牛と同様、内部はリンパ液で満たされており、リンパ液の動きが平衡感覚として感知される。

▼合わせて読みたい登録販売者試験対策まとめ

こちらの記事も読まれています

  1. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策まとめ・勉強のポイントを解説|『第5章 Ⅳ 一般用医薬品に関する主な安全対策』

  2. 【山口県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【山口県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  3. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第3章 抗真菌作用を有する配合成分』

  4. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第3章 痒み、腫れ、痛み等を抑える配合成分』

  5. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第4章 リスク区分に応じた販売従事者、情報提供及び陳列等』

  6. 登録販売者試験対策|「第1章 適切な医薬品選択と受診勧奨」

    登録販売者試験対策|「第1章 適切な医薬品選択と受診勧奨」

  7. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験対策|『第3章 XIII 滋養強壮保健薬』

  8. 【高知県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【高知県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  9. 漢方情報サイトmeguryのno-image

    登録販売者試験の勉強法・合格のための傾向と対策|『第3章 Ⅷ 鼻に用いる薬』

  10. 【長野県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【長野県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  11. 【島根県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

    【島根県】2021年度の登録販売者試験|試験日程や過去問・試験結果・合格率まとめ

  12. 【登録販売者が教える】独学で学べる登録販売者試験のテキストおすすめ10選!

    【登録販売者が教える】独学で学べる登録販売者試験のテキストおすすめ10選!

登録販売者試験