滋陰至宝湯

滋陰至宝湯

滋陰至宝湯じいんしほうとう

英語表記
jiinshihoto
八綱分類
裏熱虚
効能
調和肝脾剤
構成生薬
当帰、芍薬、白朮あるいは蒼朮、茯苓、陳皮、柴胡、知母、香附子、地骨皮、麦門冬、貝母、薄荷葉、甘草
効能効果
体力虚弱なものの次の諸症:慢性のせき、たん、気管支炎

滋陰至宝湯の使用上の注意

 

滋陰至宝湯の主な適応症

慢性の咳・痰
気管支炎

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 帰脾湯

    帰脾湯

  2. 加味帰脾湯

    加味帰脾湯

  3. 葛根黄連黄芩湯

    葛根黄連黄芩湯

  4. 抑肝散

    抑肝散

  5. 柴苓湯

    柴苓湯

  6. 甘麦大棗湯

    甘麦大棗湯

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。