五行説と漢方|食材の持つ5つの特徴とその作用

五行説と漢方|食材の持つ5つの特徴とその作用

この記事は約4分で読めます
料理をする時にたんぱく質や脂質、糖質などの西洋栄養学の考え方をするようになりましたが、漢方ではまた別の考え方で料理をします。

漢方では、存在する全てのものは陰と陽の2つに分けられると考えます。この陰と陽の考え方は陰陽説と呼ばれ、さらに五行説が唱えられました。

五行説とは、木、火、土、金、水という5つの要素があり、これら全てはお互いに深い関係にあるという考え方です。

この五行説に食材をあてはめて分類されたのが、漢方の薬膳の考え方なのです。

五行説と漢方の考え方

あらゆる食材をこの五行説にあてはめて考えてみましょう。

食材にはそれぞれ甘みや酸味、辛味などの特性があります。これらの食材の特性を五味といい、五味を五行説にあてはめると以下の表のようになります。

五行
五味

酸味(酸っぱい)、苦味(苦い)、甘味(甘み)、辛味(辛い)、鹹味(塩辛い)のように5つの味に分けられます。

レモンや梅干しは酸味、かぶやにがうりは苦味、ワカメや昆布は鹹味に分類されます。

五味の特徴

五味には味の違いだけでなく、食材それぞれに特徴や役割があると考えられています。

酸味(酸っぱい)

酸味(酸っぱい)

酸味のある代表的な食べ物には、トマト、レモン、ミカン、イチゴ、ザクロ、リンゴ、米酢、黒酢、梅などがあります。

酸味のある食材には、食べると収縮する収斂(しゅうれん)作用と固渋(こじゅう)作用があります。

酸味がある食材は肝の働きを促進する作用や、消化を助けてくれる作用もありますが、食べ過ぎると食欲の低下もあるため注意が必要です。

酸っぱい食べ物には下痢や汗を防ぐ効果や、精神的な緊張を和らげてくれる効果もあるとされています。

苦味(苦い)

苦味(苦い)

苦味のある代表的な食べ物には、セロリ、納豆、珈琲、緑茶、ゴーヤ、パセリ、キュウリ、銀杏、フキ、ビールなどがあります。

苦味には身体の中に溜まった余分な熱や湿気を取り除いてくれる燥湿(そうしつ)効果や、瀉下(しゃげ)効果があります。

体内に熱がこもると口の渇きや、イラ立ち、目の充血などが起こります。

夏を代表する旬の食材には苦味のものが多くありますが、身体を冷やす効果があるため、胃腸が弱い人や身体が冷えやすい人は注意が必要です。

甘味(甘み)

甘味(甘み)

甘味のある食材には、豚肉、鶏肉、牛肉、卵、もち米、黒豆、ソバ、トモロコシ、トマト、カボチャ、山芋、タケノコ、アジ、エビ、キャベツ、サヤエンドウ、ニンジン、ダイコン、牛乳、バナナ、ブドウ、リンゴ、ゴマ、砂糖、ハチミツなどがあります。

甘味には、補養や緩和の作用があり、食欲を増進してくれたり身体の衰えを癒してくれる作用があります。

私たちが疲れた時に甘い物を食べたくなるのはこのような作用があるからだとうなずけますね。

また、脾の働きを促進する働きもあり、消化や吸収を助けたり、余分なものを排出してくれる働きがあります。

辛味(辛い)

辛味(辛い)

辛味のある食材には、ショウガ、ニンニク、ニラ、ネギ、キンカン、シソ、コショウ、トウガラシ、サンショウ、ワサビなどがあります。

辛味には、身体を温めて汗をかく発汗効果と気の巡りをよくする行気効果があります。

かぜのひき始めにしょうがやしょうが湯を摂り入れると良いといわれるのはこのためです。

辛味のある食材は、肺の働きを促進して呼吸がしやすくなるような働きもあります。

鹹味(塩辛い)

鹹味(塩辛い)

鹹味(かんみ)のある食材には、塩、タコ、イカ、アワビ、カニ、シジミ、アサリ、牡蠣、海苔、昆布、ヒジキ、ぬか漬け、味噌などがあります。

軟化作用や散結作用があり、便通を促す瀉下効果もありますが、食べすぎると下しすぎることもあるため注意が必要です。

鹹味には、五行の腎の働きを促進し、水分代謝と貯蔵を促す効果があります。

こちらの記事も読まれています

  1. お腹の脂肪が気になる方におすすめの漢方薬15選!ぽっこりお腹のダイエットに

    お腹の脂肪が気になる方におすすめの漢方薬15選!ぽっこりお腹のダイエットに

  2. 冬

    冬の養生~四季の養生~

  3. 冷え症の女性

    足がつる時に使用する漢方薬!芍薬甘草湯の効果とは

  4. おうちで漢方体験!生薬入り入浴剤おすすめ10選!

    おうちで漢方体験!生薬入り入浴剤おすすめ10選!

  5. 漢方とは?漢方の歴史や種類・選び方まとめ!漢方薬の正しい飲み方・自己診断チェックも解説

    漢方とは?漢方の歴史や種類・選び方まとめ!漢方薬の正しい飲み方・自己診断チェックも解説

  6. スマホ検索

    自分に合った漢方薬を見つけたい!漢方薬局の選び方とその特徴

  7. やる気がでないのは気が不足しているかも?

    やる気がでないのは気が不足しているかも?

  8. 養生の基本 6つの外邪との関係性

    『養生の基本』6つの外邪との関係性

  9. 女性は肩こりになりやすい?肩こりの原因は普段何気なくやっているあの行動

  10. ポイント

    漢方薬の副作用ってどんなものがあるの?気をつけたい漢方薬の服用ポイント!

  11. 男性の更年期と漢方|腎を補う食べ物で更年期を予防できる?

    男性の更年期と漢方|腎を補う食べ物で更年期を予防できる?

  12. 東海エリアおよもぎ蒸しサロンおすすめTOP7

    東海エリアおよもぎ蒸しサロンおすすめTOP7

漢方コラム

   
 
   
   
 
   
   
   
 
   
 
   
   
 
   
 
   
 
   
   
   
   
 
  • 四診
  •