30歳からの更年期予防!更年期の原因はホルモンバランスの変化だけではない

30歳からの更年期予防!

更年期なんて私には関係ない!と考えているあなたも、気がつけばあっという間の40歳に。

どんなことでも、あの時やっておけばよかったと思う前に日頃から少しずつ対策をしておくことが大切です。

早い段階である程度予防をしておくことで更年期障害と呼ばれるさまざまな症状を緩和することにも繋がるかもしれません。

今回は更年期を迎えるために必要な準備をご紹介していきます。

更年期障害って何?

更年期とは、閉経が起こる前後5年くらいの期間を指していて、女性ホルモンの分泌量の変化とともに身体にさまざまな不調(不定愁訴:ふていしゅうそ)が現れることをいいます。

女性ホルモンには自律神経を安定させる作用もあり、女性ホルモンの分泌量が減少することで心や身体に変化が現れてきます。

更年期障害といっても個人差はあるため、症状が全くない人からさまざまな症状が表れる人、症状がひどいと日所生活にも影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

更年期障害の症状とは

更年期障害の症状とはどのようなものがあるのかをここでご紹介していきます。

一般的に多い症状として、肩こりや疲れ、頭痛、のぼせ、腰痛、イライラなどがあります。

この他にも、ほてりや発汗、口の渇き、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、物忘れ、関節痛、憂鬱、耳鳴りのように身体のさまざまな部分に症状が表れます。

更年期障害となる原因

更年期障害となる原因と女性ホルモンの変化

この更年期障害となる原因には、加齢やホルモンバランスの変化だけでなく、生活環境の変化や職場環境によるもの、身体的なストレスなどが関係していると考えられています。

同じ更年期障害といっても、一人ひとりの背景が違ってくるので、どんなことが日頃ストレスに感じているかをメモしておきながら、専門家に相談すると良いでしょう。

まとめ:更年期になる前に対策をしておきましょう

このように更年期障害が起こるとさまざまな症状が表れて少し面倒だと感じたりするかもしれません。

少し先のことでも穏やかな更年期を迎えるために、生活環境を整えたり、食生活に気をつける、漢方を使って血の巡りをよくして腎を補ってあげることも大切です。

毎月訪れる月経がいつも通り規則正しくきているのかチェックをしながら、できるだけ身体を冷やさないように食事に気を配る。

適度な運動(軽く汗を流すウォーキング)や入浴などで日頃から発散することも大切です。

年齢とともに腎の機能が低下してきます。30歳を過ぎたあたりからは健康的な生活と適度にストレス発散すること、食事と睡眠に気をつかうなど意識してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 漢方を飲む女性

    葛根湯は風邪のひき始めや上半身の凝りにおすすめの漢方薬

  2. 故宮博物院

    【漢方はじまりとは】漢方の歴史と主な著書

  3. ストレスを感じやすい人はめまいに注意しましょう

    ストレスを感じやすい人はめまいに注意しましょう

  4. 二十四節季

    二十四節気(にじゅうしせっき)

  5. あの漢方薬の名前の由来を知っていますか?

  6. 乾燥肌と漢方薬!乾燥が気になる時におすすめの漢方薬

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。