【冷え性の人は要注意】身体が冷えやすい食べ物に気をつけましょう!

【冷え性の人は要注意】身体が冷えやすい食べ物に気をつけましょう!

この記事は約2分で読めます

気温が温かくなるとアイスやジュースなどの冷たいものを欲しくなってきます。

身体が温かいと冷たいものを取り入れて体温を下げたくなります。

元々、身体の熱が末端まで巡っていない冷え症の人は身体を冷やしてしまう食べ物には注意しておきましょう。

食材の持つ働き(五性)

食材の持つ働き(五性)

薬膳では食材それぞれが持つ特性のことを五性(ごせい)と呼びます。

この五性は、「身体を温める作用があるもの(温熱性)」、「変化のないもの(平性)」、「身体を冷ます作用があるもの(寒涼性)」に大きく分けられます。

さらに、「身体を温める作用があるもの(温熱性)」には、身体を温める作用が強い「熱性」、身体を温める作用のある「温性」があります。

「身体を冷ます作用があるもの(寒涼性)」には身体を冷ます力が強い「寒性」、身体を冷ます作用がある「涼性」に分けられます。

薬膳ではこれらの5つの特性を知った上で食事を作ることで、体調や季節に合わせた食事を摂取することができます。

身体を冷やす食べ物と温める食べ物

身体を冷やす食べ物
きゅうり、レタス、スイカ、ホウレンソウ、メロン、アサリ、ナス、パイナップルなど
身体を温める食べ物
ニンジン、じゃがいも、納豆、ゴボウ、たまねぎ、鮭、カボチャ、レンコン、玄米など

身体を温める食材には、冬が旬なものが多く、水分が少なくて地中で育っている食材が多いことがわかります。

一方で、身体を冷ます食材には夏が旬なものが多く、水分が豊富で地上で育つ食材が多いことがわかりますね。

身体を冷やす食材も上手に摂り入れることで、身体の余分な熱を取り除くことに役立ちます。

また、根菜類は身体を温める作用があるというイメージが強いですが大根は涼性に分類されています。

消化を促してくれるため、便通の改善や胃もたれなどによい食材です。免疫力の向上にも繋がることからインフルエンザや風邪の予防、のどの違和感がある時に食べるとよい食材としても知られています。

季節に合わせて薬膳をうまく取り入れましょう

雨が続く梅雨の時期には身体の中に余分な水分が溜まりやすいため、汗や尿として排出してくれやすい食材を食べたりするのもよいでしょう。

さらに気温が高くなる夏の季節には、身体の熱を冷ましてくれる食材を取り入れたり、渇いたのどを潤してくれる食材を取り入れるのもおすすめです。

こちらの記事も読まれています

  1. やる気がでないのは気が不足しているかも?

    やる気がでないのは気が不足しているかも?

  2. 肩こりと漢方の考え方|おすすめの漢方薬

    肩こりと漢方の考え方|おすすめの漢方薬

  3. 妊娠中に使用できる漢方薬おすすめ5選!

    妊娠中に使用できる漢方薬おすすめ5選!

  4. 漢方

    【漢方の5つの要素】五行のバランスが健康のポイントに

  5. 季節の養生-春の食養生

    季節の養生-春の食養生

  6. はちみつ

    今日は何の日?8月3日はちみつの日

  7. 30歳からの更年期予防!

    30歳からの更年期予防!更年期の原因はホルモンバランスの変化だけではない

  8. にきびに使用される主な漢方薬4選!

    にきびに使用される代表的な漢方薬4選!

  9. 【誰でも簡単にできる】目の疲れを取る方法おすすめ2選!ポイントは温かい〇〇を使うだけ?

    【誰でも簡単にできる】目の疲れを取る方法おすすめ2選!

  10. 今日は何の日?8月6日はハムの日

  11. 関東エリアのよもぎ蒸しサロンおすすめTOP10

    関東エリアのよもぎ蒸しサロンおすすめTOP10

  12. 四診と漢方|漢方の代表的な診断方法で証を知る方法

    四診と漢方|漢方の代表的な診断方法で証を知る方法

漢方コラム

   
 
   
   
 
   
   
   
 
   
 
   
   
 
   
 
   
 
   
   
   
   
 
  • 四診
  •