あの漢方薬の名前の由来を知っていますか?

漢方薬の名前ってどれも難しくて読みづらいと感じたことはありませんか?

普段飲んでいる漢方薬やテレビやCMで聞いたことならわかるけど、薬局で自分で選ぶとなると何て読んだらいいのかさっぱり。

この記事を読むだけで、漢方薬の名前の由来がわかります。

登録販売者試験や薬剤師の勉強にもきっと役に立ちますよ。

漢方薬の名前の付け方は主に5パターン

漢方薬の名前はある法則をもとにつけられています。

漢方薬に含まれる生薬から

漢方薬に含まれる生薬名からつけられたものとして代表的な漢方薬が葛根湯です。

葛根湯は7つの生薬からなりますが、その中でも含まれる量が最も多い葛根から名前がつけられました。

その他にも、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)や半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)などがありますがどれも含まれている生薬の名前からつけられているのです。

漢方薬に含まれる生薬の数から

漢方薬の名前には数字が含まれるものがいくつかあります。

代表的なものでは五苓散という漢方薬です。

五苓散は蒼朮、猪苓、桂皮、茯苓、沢瀉の5つの生薬から構成されています。

五苓散のように含まれている生薬の数が由来で名前がつけられたものは、他にも。

腎陰虚、腎陽虚の際などに使用される八味地黄丸(はちみじおうがん)や術後の疲れなどに使用される十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)があります。

この2種類の漢方薬も五苓散と同じように含まれる生薬の数から名前がつけられた漢方薬なのです。

漢方薬の効果を表したもの

漢方薬には様々な効能効果がありますが、その効能効果から名前がつけられた漢方薬として代表的なものが補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。

補中益気湯の漢字は「補」「中」「益」「気」の漢字が使われています。

「中」という漢字はお腹を意味しており、「補中」でお腹を補う意味があります。

さらに「益気」で気を益す(高める)という意味があります。

補中益気湯はお腹を補って生命活動のエネルギー源である気を高めてくれる漢方薬ですね。

漢方薬に含まれる生薬の名前を並べたもの

漢方薬にはいろんな生薬が含まれています。

含まれる生薬それぞれの頭文字から名前がつけられたものには芍薬甘草湯などがあります。

こむら返り(足のつり)の際に使用する漢方薬としても有名な芍薬甘草湯は、芍薬と甘草の2種類の生薬からなります。

東西南北の四神からつけられたもの

中国の神話には東西南北、それぞれの方角には神が宿るとされています。

東は青龍、西は白虎、南は朱雀、北は玄武。これらは全国の都道府県にある地名にも使われているため、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

漢方薬の名前にも四神を元につけられたものがあります。

鼻炎や鼻水などに使用される小青竜湯

青龍は春を表す四神でもあり、花粉症による鼻水などは春の季節に起こりやすいことからこの青龍の文字が使われるようになりました。

五色の黒や五行の水を表す四神の玄武の名前も以前使用されていました。

現在では真武湯と呼ばれる漢方薬には黒い色の附子を使用していること、身体の冷えやむくみなど水に関係する漢方薬であることからこの名前が使用されていました。

まとめ

漢字ばかりで、ぱっと見難しく感じる漢方薬も、名前の由来を知ることで覚えやすくなりますね。

漢方薬の名前に使われる漢字にはこの他にも特徴があります。

それぞれの特徴を知ることでより漢方を身近に感じることができるかもしれませんね。

よかったらシェアして頂けると嬉しいです♪

記事のタイトルとURLをコピーする

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. 漢方の勉強をする女性

    漢方薬を販売するにはどんな資格が必要なの?

  2. 睡眠する女性

    【ストレスと漢方薬】イライラしてしまうあなたにおすすめの漢方薬8選!

  3. 漢方茶を飲む女性

    漢方薬の正しい飲み方と飲むタイミングは?飲み忘れたらどうすれば良いの?

  4. にきびに使用される主な漢方薬4選!

    にきびに使用される代表的な漢方薬4選!

  5. 【新年会や忘年会・オンライン飲み会に】二日酔いの考え方と代表的な漢方薬!

    新年会や忘年会・オンライン飲み会に!二日酔いの考え方と代表的な漢方薬!

  6. 証(しょう)って何?

    証(しょう)って何?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。