鼻炎や花粉症におすすめの漢方薬3選!

鼻炎・花粉症におすすめの漢方薬3選!

気温が高くなり温かくなる春先に、鼻炎や花粉症でお悩みの方は多いのではないでしょうか。

花粉症の主な症状として、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどがあげられます。

さらに黄砂やPM2.5の影響によって同じような症状の他、皮膚のかゆみなどの症状が現れることも。

花粉症とは?

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が鼻腔内に入りこみ、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が現れるアレルギー性鼻炎のことです。

花粉が鼻の粘膜に付着すると、くしゃみや鼻水などが起こり、身体の外へ排出しようと働きます。

特に春先のこの季節、気温が温かくなるとスギやヒノキの花粉が飛散して花粉症で悩む方が増えてきます。

環境省のデータによるとおよそ2~3人に1人が花粉症で悩まされていることがわかります。

鼻炎の原因と漢方の考え方

漢方では、実はアレルギーという考え方はなく、鼻づまりや鼻水などは水分代謝の異常として考えられます。

身体を巡る水分の異常のことを漢方では「水毒(すいどく)」と呼びます。

私たちの身体の中にある臓器がうまく機能せずに、身体のどこかに水分が溜まってしまうこと、滞ってしまうことを水滞(すいたい)と呼びます。

漢方ではこの水の巡りを解消するために体質改善や漢方薬で身体を正常な状態へと導きます。

花粉症や鼻炎を抑えたい!花粉症や鼻炎におすすめの漢方薬

花粉症や鼻炎の症状をなくしてすっきりと快適な暮らしをしたい。

そんなあなたに代表的な漢方薬を3つご紹介します。

つらい症状を緩和して少しでも快適な日々を過ごすためにも参考にしてみてはいかがでしょうか。

水っぽい鼻水や鼻炎が止まらない時におすすめの漢方薬

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

鼻炎や花粉症、鼻の症状によく使用される小青竜湯

小青竜湯は冷えてしまった鼻を温めて、余分な水の代謝を促すことで花粉症や鼻炎などの症状を緩和してくれる漢方薬です。

花粉症の症状が現れる2月頃から飲み始めるのが良いでしょう。

症状がひどくなる前に、早めのうちに飲み始めて少しずつ体質改善を行うことをおすすめします。

八綱分類
辛温解表剤
【効能効果】
体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの 次の諸症: 気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

鼻づまり(鼻炎)を改善したい時におすすめの漢方薬

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

慢性鼻炎や蓄膿症でお悩みの方なら一度は聞いたことがある漢方薬ですね。

葛根湯加川芎辛夷には生薬成分の葛根が含まれているため、冷えた身体を温めてくれる漢方薬です。

お風呂に入った時や部屋の温度を上げた時に、身体が温まって症状が楽になることはありませんか?

葛根湯加川芎辛夷は身体を温めてつらい鼻づまりを改善してくれる漢方薬なのです。

八綱分類
辛温解表剤
【効能効果】
比較的体力があるものの次の諸症: 鼻づまり、蓄膿症(副鼻腔炎)、慢性鼻炎

慢性的な鼻づまり(鼻炎)や蓄膿症におすすめの漢方薬

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

一時的な鼻づまりではなく長引く時に、粘り気のある鼻水で色が黄色や緑色の場合などに使用する漢方薬が荊芥連翹湯です。

荊芥連翹湯を使用する場合は熱証タイプの時。血の巡りが悪くて皮膚が浅黒く見える人に向いている漢方薬です。

荊芥連翹湯は蓄膿症や慢性鼻炎のほかにも、炎症を伴うようなニキビや湿疹などにも使用される漢方薬です。

八綱分類
清熱解毒剤
【効能効果】
体力中等度以上で、皮膚の色が浅黒く、ときに手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁 が緊張しているものの次の諸症: 蓄膿症(副鼻腔炎)、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび

まとめ

鼻炎や花粉症でつらい症状を緩和するためには、日々の養生や免疫力を高める、できるだけ早いうちから体質改善をすることも大切です。

同時に気を高めて身体のバリア機能を強化することで症状が出にくい身体作りに。

よかったらシェアして頂けると嬉しいです♪

記事のタイトルとURLをコピーする

最後までご覧頂きありがとうございます

  • コメント: 0

関連記事

  1. ポイント

    漢方薬の副作用ってどんなものがあるの?気をつけたい漢方薬の服用ポイント!

  2. 悩む女性

    生理痛(月経痛)と漢方|生理痛(月経痛)が起こる原因とおすすめの漢方薬

  3. 【冷え性の人は要注意】身体が冷えやすい食べ物に気をつけましょう!

    【冷え性の人は要注意】身体が冷えやすい食べ物に気をつけましょう!

  4. 冬

    冬の養生~四季の養生~

  5. 漢方を調べる女性

    【はじめての漢方薬】漢方薬の特徴や飲み方までご紹介!気になる症状から漢方薬を選んでみましょう

  6. 冷え症の女性

    足がつる時に使用する漢方薬!芍薬甘草湯の効果とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。