漢方の歴史と主な著書

故宮博物院

この記事は約4分で読めます

漢方ってどのようにしてできたの?漢方のはじまりと歴史についてご紹介していきます。

東洋医学や中医学を勉強したことがある方なら聞いたことがある内容も。

漢方と漢方薬の違いについてもご紹介しているので、参考にして頂ければなと思います。

漢方とは?漢方薬の始まりと歴史

漢方の始まりとはいつなのか?漢方は今から1800年前、西暦200年頃の後漢時代に中国で医学の基礎として作られました。

その後5世紀(西暦401年~西暦500年)に遣唐使や遣隋使によって日本に伝達してきました。

江戸時代になりオランダから伝わった医学を「蘭学」と呼ぶのに対し、中国伝来の医学を「漢方」と呼ぶようになりました。

江戸時代の中頃になると、今の漢方の元となる日本人に合わせた漢方が始まりました。

漢方とは日本独自の考え方で作られた医学です

古来中国から伝わった漢学を元に、日本で発展を遂げてきた漢方。漢方に関する代表的な書物や著者をご紹介していきます。

『傷寒論(しょうかんろん)』張仲景

150~219年。中国の後漢時代の後期に官僚や医師として活躍をした張仲景。

古代から伝わる伝統の医学を元に、自らの経験を活かして『傷寒論病論』を著作する。

その後、『傷寒論病論』は『傷寒論』と『金匱要略(きんきようりゃく)方論』に分割される。

『黄帝内径(こうていだいけい)』張恵悌

紀元前200年頃(前漢)から220年(後漢)に書かれた医学・鍼灸理論の書物です。

『黄帝内径』は『素問(すもん)』と『霊枢(れいすう)』に分かれており、全18巻で構成されています。

東洋医学における気功や鍼灸、漢方から風水など幅広い内容が書かれている専門書のため難しい書物です。

『まんが 黄帝内径』では比較的わかりやすい文章とイラストで描いてあるため初めて読む方や東洋医学を勉強している学生におすすめです。

『本草綱目(ほんぞうこうもく)』李時珍

本草綱目は27年以上もの歳月をかけて薬種や処方などを10,000以上も記されており、薬効を示す動植物や鉱物の総称である本草をまとめた書物です。

その後、日本へと伝えられて貝原益軒の『本草綱目』の元となります。

『養生訓(ようじょうくん)』貝原益軒

貝原益軒(かいばら えきけん)は江戸時代の本草学者。

幼い頃から身体が弱く勉学に励み養生に徹していたことから、平均寿命50年と言われた江戸時代に84歳まで生き続けることができました。

『養生訓』の他には、『本草綱目』を和訳して日本人でも読みやすいように書かれた『大和本草』があります。

現在の漢方

中国から伝わった漢学を元に日本独自で発展を遂げてきた漢方医学は、医師や薬剤師、薬種商(現在の登録販売者)の努力によって有効性や安全性が少しずつ確立していき、一般人でもドラッグストアや薬局で手軽に服用できるようになりました。

漢方の考え方とは

漢方=漢方薬と考えている方が多いのではないのでしょうか。

漢方は先ほどご紹介した内容にもあるように、自然界にあるものを利用して自然治癒力を高めることを漢方と呼びます。

漢方の中には漢方薬や薬膳、按摩や鍼灸などを含むことから『megury』では様々なジャンルのお店をご紹介しています。

「うちのお店は漢方薬はないですが…」とご連絡を頂くこともありますが、meguryには漢方薬局だけでなくエステサロンや薬膳料理店を掲載しているのはこのためなのです。

今後は整体や鍼灸のお店などもご紹介していくことを考えています。

こちらの記事も読まれています

  1. ニキビができる原因と対策5選|ニキビは4種類もあるの?正しく理解してお肌をケアする方法

    ニキビができる原因と対策5選|ニキビは4種類もあるの?正しく理解してお肌をケアする方法

  2. 五行説と漢方|食材の持つ5つの特徴とその作用

    五行説と漢方|食材の持つ5つの特徴とその作用

  3. ポイント

    漢方薬の副作用ってどんなものがあるの?気をつけたい漢方薬の服用ポイント!

  4. 睡眠する女性

    【ストレスと漢方薬】イライラしてしまうあなたにおすすめの漢方薬8選!

  5. 鼻炎・花粉症におすすめの漢方薬3選!

    鼻炎や花粉症におすすめの漢方薬3選!

  6. 四診と漢方|漢方の代表的な診断方法で証を知る方法

    四診と漢方|漢方の代表的な診断方法で証を知る方法

  7. 大阪のよもぎ蒸しサロンおすすめTOP11

    大阪のよもぎ蒸しサロンおすすめTOP11

  8. 今日は何の日?8月6日はハムの日

  9. ハーブ

    今日は何の日?8月2日はハーブの日

  10. 漢方を飲む女性

    葛根湯は風邪のひき始めや上半身の凝りにおすすめの漢方薬

  11. 肩こりと漢方の考え方|おすすめの漢方薬

    肩こりと漢方の考え方|おすすめの漢方薬

  12. 漢方茶を飲む女性

    漢方薬の正しい飲み方と飲むタイミングは?飲み忘れたらどうすれば良いの?

漢方コラム

   
 
   
   
 
   
   
   
 
   
 
   
   
 
   
 
   
 
   
   
   
   
 
  • 四診
  •